実際に購入するとなった場合の流れについて

婦人

流れについて

家具

情報収集と問い合わせ

オーダー購入を決めたら、評判の良い専門店や工房を調べてみましょう。ネットだと口コミサイトだけでなく、大型掲示板など役立つものが多くあります。依頼元を決めた後は問い合わせですが、専門店や工房によって問い合わせ方法が異なっていることがありますので、注意が必要です。

相談と確認

製作したい家具のデザイン、サイズ、使用する材料などの相談をします。ここでちゃんとしたイメージを伝えることができなければスムーズに話が進みません。製作の相談以外では、大まかな見積もりを確認することができます。

打ち合わせ

ここからは本格的にオーダーを決めた場合の話になります。製作の前の打ち合わせでは、最初の相談よりも家具のデザインや材料をしっかりと決めていきます。ここでも要望をしっかり伝えることが重要になります。それと同時に予算内で製作するための相談もできます。

最終確認と正式オーダー

希望内容を基に家具の設計と正式見積もりを出します。最終確認を終えて製作を確定したら、正式にオーダーを通します。正式オーダーの後は支払い方法、納品日などの細かい調整を行っていきます。

デスクの製作について

デスクのオーダー

デスクもオーダー製作を依頼されることが多いです。デスクというと仕事や学習、作業に使うタイプのものをイメージしますが、PCデスクもあります。PCデスクもオーダーされていますが、見た目だけでなく使い勝手が良いものがベストです。

高さ

デスクはデザインや使い勝手だけでなく、高さや素材にも注目が必要です。特に高さですが、数センチの差でも作業の疲れ方に違いが出てきます。一般のデスクの高さは70~73センチ程度になっています。身長が足りないという場合は椅子の座面を調整して高さの調整をするといいでしょう。

素材

デスクにも他の家具と同じように、いろんな素材が使用されています。木や強化ガラスなどがあるので、空間デザインにマッチしたものを選ぶことができます。印象付けだと木などの天然素材は優しい印象に、強化ガラスはモダンでスタイリッシュな印象になります。

シンプルな作りの平机

天板と脚の組み合わせだけのシンプルな机を平机と言います。シンプルな作りということで、自分で使い勝手が良いようにアレンジしたいという人に勧められています。アレンジ利用ができることから、フリーデスクとも呼ばれているのです。

パソコンを使う人向け

パソコン用のデスクというと、プリンタなどの周辺機器を置くことができる高さのあるものをイメージします。ですが、パソコン用のデスクはそれだけではありません。広い作業スペースが欲しいという要望に応えられたL字型デスクやワイドサイズのデスクもあります。