見積もり前にやっておきたいこと

婦人

見積もり事情

家具

見積もり請求前には依頼元選び

家具をオーダーするにしても、どこに依頼したらいいのか悩んでしまいます。評判を確認するのが無難ですが、品質や納期など何を優先に家具製作をしているかを知ることも重要です。自身の優先順位、評判が一致するところに依頼をするといいでしょう。

優先の項目

何を優先に家具製作をしているかを知ることも重要、と上記で説明しました。優先の項目ですが、品質や納期以外だと対応や安心、予算と便利といった項目があります。評判の確認や資料請求などいろんな手段を使って確認するといいでしょう。

専門のところがベスト

オーダー家具の製作依頼ですが、専門のところを探しておくのが良いでしょう。収納家具なら箱物、椅子であれば脚物、そしてソファであれば張り物を専門としている家具店の選択がベストです。専門ということで、的確なアドバイスを受けられます。

自社工場の有無と設備

自社工場がないからダメというわけではありませんが、製作の現場を直接管理しているということで情報の共有、対応の速さに差が出ます。また、設備が充実しているのは重要です。いろんな加工に対応してくれるだけでなく、作業時間の短縮につながります。

請求のコツ

納得できるまで請求してみる

事前の見積もりチェックですが、これはひとつのメーカーや業者からの請求ではありません。正式オーダー前の見積もりは無料で行われているので、納得できるサービスと価格を提供してくれるところが見つかるまで見積もり依頼をしてみるといいでしょう。

出しやすいものを選ぶ

メーカーや業者のホームページにある専用のメールフォームなどが使用されていますが、その中にはオーダーしたい家具の種類と使用を考えている材料などの指定を簡単にできるものがあります。説明書きがあるので、知識のない人でも気軽に見積もりが出せます。

参考例を確認しておく

サイトによっては見積もりの参考として、画像付きの実例をアップしている場合もあります。実例もあると提示されている参考価格でこれだけのものが仕上がるということが把握できるので、予算調整と仕上がりのイメージをスムーズに行うことができます。

家具別での参考価格を確認しておく

参考例の確認と似たものになりますが、オーダーする家具がどのくらいの価格で製作できるのかを事前に確認しておくといいでしょう。その際項目がこと細かく書かれているものがベストです。予算調整や材料と部品の選択などに役立ちます。

匿名で請求できる

請求した後にしつこく電話が来たらいやだな、と心配する人もいますが、近頃では匿名で見積もり請求ができるサービスがありますので大丈夫です。中には資料請求ができるところもあるので、利用してみるといいでしょう。